“骨董癖”の読み方と例文
読み方割合
こっとうへき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
無論、考古学というような一つの科学としてでなく、骨董癖の一種として、相当に古瓦の鑑力を持っていると見なければなりません。
大菩薩峠:37 恐山の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
不思議な欲望——骨董癖風雅癖じた結果の、異常な蒐集慾、それを満たすために、どれ程、うしろ暗い、汚らわしい行為を、繰り返して来ていた彼であったろう!
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
数寄屋河岸に事務所をもち、かつて骨董癖のある英人弁護士の事務所に働いたこともあるので、自分でも下手ものの骨董品や、異国趣味の室内装飾品などが好きであったが
仮装人物 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)