“駿河屋”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
するがや100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“駿河屋”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
お時が案じていた通り、外記は丁度そのころ吉原の駿河屋するがやという引手茶屋ひきてぢゃやに酔っていた。
箕輪心中 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
「鈴原撿校けんぎょう! 駿河屋するがやのかえりには手下どもが偉いご迷惑をかけたな」