“駿河屋”の読み方と例文
読み方割合
するがや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ひ居ると雖も元來き身代なれば漸々其日を送るのみ四郎右衞門は此中へ掛り人となる程なれば其零落思ひ遣られしなり然るに駿河屋三郎兵衞は彼の百兩を取てより其金を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
お時が案じていた通り、外記は丁度そのころ吉原の駿河屋という引手茶屋に酔っていた。
箕輪心中 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
「鈴原撿校! 駿河屋のかえりには手下どもが偉いご迷惑をかけたな」