“馬蝿”の読み方と例文
読み方割合
うまばへ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
し、ちがふにしても、そちがふ程度があるもので、馬を書かうと思つたのが馬蝿になつたといふことはない。まあ牛になるとか羊になるとかいふ位である。
僕はバタのをあけながら、軽井沢の夏を思ひ出した。その拍子すぢがちくりとした。僕は驚いてふり返つた。すると軽井沢に沢山ゐる馬蝿が一匹飛んで行つた。
鵠沼雑記 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
馬蝿は水星にもつて行つた。
軽井沢で (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)