“饑餓”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きが90.0%
うえ10.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼の大きくんだ眼窩や、その突起したや、その影のように暗鬱な顔の色には、道に迷うた者の極度の疲労と饑餓の苦痛が現れていた。
日輪 (新字新仮名) / 横光利一(著)
ところが、飢えたる者は人の美饌くるを見ては愈々飢のを感ずる道理がある。ける者は人の饑餓に臨めるを見ては、余計に之を哀れむの情を催す道理がある。
連環記 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
雀が饑餓という因により、羽翼の羽ばたきという縁によって稲田のところへ飛んで来て、稲穂をもうとするのが果であります。
仏教人生読本 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)