“飽慾”の読み方と例文
読み方割合
ほうよく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ただその利は、自分一個で飽慾しようとは致しません。困苦の底にいる万民におちください。それが私の希望であり、また私の商魂と申すものでございます
三国志:02 桃園の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
またたちまち破壊し去ったり情痴と飽慾をし尽したり、自解して腐敗をしたり、戦ったり、和したり、歓楽にったり、惨たる憂き目にただよったり——一律の秩序あるごとくまた
三国志:04 草莽の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
悪貨濫発が、いかに正直な細民生活を、底の底までへ、みじめに、突き落しているか、幕府の一部大官たちのみに、いよいよ飽慾享楽の資をゆたかにさせているか、赤穂の田舎にいても
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)