“食残”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
くいのこ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“食残”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
咄嗟とっさあいだに思案をさだめて、腰に提げたる割籠わりごから食残くいのこりの握飯を把出とりだして、「これをるから手伝って担いでれ。」と手真似で示すと、𤢖も合点がてんしたと見えて悠々と材木を担ぎ出した。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)