“頑然”の読み方と例文
読み方割合
がんぜん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
釜どころか、今は、彼がその強悪と大慾をもって、生涯につくりめた「物」の全部も——また最後のいのちをすら失いかけているのであるが、頑然
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
然し、こうはずのないのが、血気派だった。頑然と首を振る。額にすじを走らせて、それを大野の狡智である、臆病である、又いやしむべき武人の態度だと罵って
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
頑然、信長に対抗している敵は、由来、長曾我部元親であったが、信長は、その敵に対して、三好の一族を遠くから援護して当らせ、ともかく今日までは、その伸展を制して来た。
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)