“隻足”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かたあし100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“隻足”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
私はかがんでそれを拾ってやって、後をり向くと、女も最後の石段に隻足かたあしをかけて揮り返ったところであった。
妖影 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
蛇は蛙の傍へ往くと鎌首をあげて、赤い針のような舌をちらちらと一二度出した後に蛙の隻足かたあしをくわえた。
山の怪 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)