“附足”の読み方と例文
読み方割合
つけた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
本屋は、お愛相のつもりで、チヤーチルの作物は何一つ残さず読んだ。なかには十回も繰返したのがあると言つて附足した。
校長先生はなお附足して、決して諸君の心配するほどのことではないと言われたと二人の男の子は伝えました。
生々流転 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
附足して言いました。
三人の百姓 (新字新仮名) / 秋田雨雀(著)