“閑潰”の読み方と例文
読み方割合
ひまつぶ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
やと思うたら句読点かいな、そんなもの漢文には要るかも知れへんが、浄瑠璃には要らんこつちや、つまり閑潰しやな。」
探偵小説は十八世紀の末葉、仏蘭西巴里に居住する有閑婦人が、当時の社交界に横行するスパイ連中の秘密戦術に興味を駆られて、閑潰しに創作し初めたものに萌芽しているという。
探偵小説の正体 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
希臘人は煙草の代りに欠伸をしてゐたか、哲学を研究してゐたか知らないが、煙草が出来てから、人間は初めて閑潰しの所在なさを隠すことが出来るやうになつた。