“金松:かねまつ” の例文
“金松:かねまつ”を含む作品の著者(上位)作品数
三遊亭円朝1
“金松:かねまつ”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
わし厄介やっけえになってると、金松かねまつと云う奴がいて、其奴そいつこわれた碌でもねえ行李こりを持っていて、自分の物は犢鼻褌ふんどしでも古手拭でもみんな其んなけえ置くだ
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)