“跫然”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きょうぜん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“跫然”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
幸い狙いはれたれど泰助はやや狼狽ろうばいして、内より門を開けんとすれば、跫然きょうぜんたる足音門前に起りて、外よりもまた内に入らんとするものありけり。
活人形 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
広き旅店の客少なく、夜半の鐘声しんとして、凄風せいふう一陣身に染む時、長き廊下の最端に、跫然きょうぜんたる足音あり寂寞せきばくを破り近着ききたりて、黒きものとうつる障子の外なる幻影の、諸君の寝息をうかがうあらむ。
化銀杏 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)