“跫足”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あしおと100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“跫足”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
用人部屋の返辞と一しょに、縁先へ、跫足あしおとがした。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
で、所在なさに、金屏風の前へかしこまって、吸子きゅうすに銀瓶の湯をいで、茶でも一杯と思った時、あの小児こどもにしてはと思う、おおき跫足あしおとが響いたので、顔を出して、むこうを見ると、小児と一所に、玄関前で、ひょいひょい跳ねている女があった。
みさごの鮨 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)