“親娘”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おやこ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“親娘”を含む作品のジャンル比率
文学 > ドイツ文学 > 小説 物語4.3%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.7%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
それを、親娘おやこと気どられないように、かげにあって守りとおさねばならなかった。おさよの苦心はいかばかりであったろう。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
口紅を買うて帰ってやったとか……やらぬとか……まことに可哀相とも何とも申様もうしようの無い哀れな親娘おやこで御座いましたが
笑う唖女 (新字新仮名) / 夢野久作(著)