“見難”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
みがた66.7%
みにく33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“見難”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
幽深見難みがたし、甚大無量の、また、円満無礙むげの、謂うところのおぎろなき物、この霊妙音は何から来る。おそろしい截断刃はただ廻っている。
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)
曇りたる目の見難みがたさに
晶子詩篇全集 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
「馬鹿をいふな——貴樣のやうなとげ/\しい婆々アに、もう誰れが構つてゐよう? どんな見難みにくい女でも、まだしもしとやかで、若けりやアいい。」
泡鳴五部作:01 発展 (旧字旧仮名) / 岩野泡鳴(著)