“蚊母鳥”の読み方と例文
読み方割合
ナイト・ホーク100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
蚊母鳥はよく晴れた午後——わたしはときどき一日じゅうはたらくこともあった——頭上で輪をえがいた。眼のなかの、または大空の眼のなかの塵のように。