“繩辷”の読み方と例文
読み方割合
なわすべ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
関寺番内、坂本の小虎、音羽の石千代、膳所十六、鍵はずしの長丸、手ふいごの之助、穴掘の団八、繩辷りの猿松、窓りの太夫、格子鉄伝、猫真似の右衛門、穏松明の千吉
猿飛佐助 (新字新仮名) / 織田作之助(著)