“繁子”の読み方と例文
読み方割合
しげこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
駒子を連れて、片岡子爵夫人繁子はたたずめるなり。一瞬時、変われる千々岩の顔色は、先方の顔色をのぞいて、たちまち一変しつ。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
教師には手近の夫人繁子。長州の名ある士人の娘にて、久しく英国ロンドンに留学しつれば、英語は大抵の男子も及ばぬまで達者なりとか。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
夫人繁子を書斎に呼びて懇々浪子の事を託したる後、同十三日大纛扈従して広島大本営におもむき、翌月さらに大山大将山路中将と前後して遼東に向かいぬ。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)