“緊笑”の読み方と例文
読み方割合
しめわら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
瓜実顔で富士額、生死を含む眼元の塩にピンとはねた力味を付け、壺々口緊笑いにも愛嬌をくくんで無暗にはさぬほどのさび、はスラリとして風にめく女郎花
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)