“綿綿”の読み方と例文
読み方割合
めんめん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
父母未生前より小説や戯曲に通じてゐたやうに滔滔聒聒絮絮綿綿と不幸なる僕等にれるのである。すると文壇に幅をかせてゐるのは必ずしも小説や戯曲ではない。
変遷その他 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)