“綴布”の読み方と例文
読み方割合
つぎ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私は彼の上衣の有様も覚えているが、彼は二階の自分の部屋でそれに綴布をあて、死ぬ前にはそれはまったく綴布だらけだった。
所々綴布の入つた腰迄の紺の厚衣を、腹まで見える程ゆるく素肌に着て、細い木綿の帯を横に結んで、其結目の所に鼠色に垢のついた汗拭をげて居た。
厄年 (新字旧仮名) / 加能作次郎(著)
与里は毎日の詰襟服を身に着けて、さらに又ドス黒い厚羅紗の、膝から下へだらしなく垂れ落ちた冬の外套を纏うてゐた。それは破れて、肱や衣嚢綴布だらけであつた。
竹藪の家 (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)