“網魚籠”の読み方と例文
読み方割合
あみびく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と家内に一言して、餌桶網魚籠とを持って、鍔広大麦藁帽引冠り、腰に手拭に手帳、素足に薄くなった薩摩下駄、まだ低くならぬ日の光のきらきらする中を
蘆声 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)