“網摸様燈籠菊桐”の読み方と例文
読み方割合
あみもようとうろのきくきり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この年の秋猿若町市村座で、河竹新七作網摸様燈籠菊桐が興行せられた。享保中の遊女玉菊の事に網打七五郎の事を併せて作ったものである。
細木香以 (新字新仮名) / 森鴎外(著)