“糞真面目”の読み方と例文
読み方割合
くそまじめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
都ホテルや京都ホテルでいだ男のポマードのいよりも、野暮天で糞真面目ゆえ「お寺さん」で通っている醜男の寺田に作ってやる味噌汁の匂いの方が
競馬 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
つまり、私は、糞真面目で興覚めな、気まずい事に堪え切れないのだ。
桜桃 (新字新仮名) / 太宰治(著)
それに河内介の態度が今夜に限って仔細らしく糞真面目なのも、何かくがありそうで、旁〻彼女たちには、本気か冗談か分りかねた。「首になった道阿弥」も、その点は彼女たちと同じであった。