“精爽”の読み方と例文
読み方割合
せいそう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかりといえども、集散遅速は火の初めて滅して、煙気なおせるがごとし。ゆえに、鬼神の感格あり、厲霊の来出あり、精爽の依託あり、魂魄の流行あり。
通俗講義 霊魂不滅論 (新字新仮名) / 井上円了(著)
くせん。人の生、はじめて化するをという。すでに魂を生ず。陽をという。物を用いて多ければ、すなわち魂魄強し。ここをもって、精爽にして神明に至るあり。
通俗講義 霊魂不滅論 (新字新仮名) / 井上円了(著)