“粗衣粗食”の読み方と例文
読み方割合
そいそしょく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私どもは、永い間の浪人暮しで、粗衣粗食に馴れて参ったせいか、御当家より朝夕頂戴いたす二汁五菜のお料理は、結構すぎて、ちと重うござります。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
旧制度の中で忠実に、粗衣粗食している武士というものの力である。江戸へ出れば勤番者だの、浅黄裏だのと、野暮の代名詞にされている人々の支えだった。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)