“粗食”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
そしょく50.0%
そしよく50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“粗食”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 医学 > 衛生学 公衆衛生 予防医学33.3%
哲学 > 倫理学・道徳 > 人生訓・教訓15.4%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
粗食そしょくがいいです。私なぞはぜいたくをしませんから、この年になってもこのとおり頑健がんけんです」
苦心の学友 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
六 粗食そしよくにもあぢはひあり
命の鍛錬 (旧字旧仮名) / 関寛(著)
六 粗食そしよくにもあぢあり。
命の鍛錬 (旧字旧仮名) / 関寛(著)