“米藤”の読み方と例文
読み方割合
こめとう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
製薬には兎角徳利入用だから、丁度しい、塾の近所丼池筋米藤と云う酒屋が塾の御出入、この酒屋から酒を取寄せて、酒は仕舞て徳利は留置
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)