“節太”の読み方と例文
読み方割合
ふしぶと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それらの節太の手で、どしどしどこかへ運び去られるのを見ているのも勇ましかった。
硝子戸の中 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
かみさんは、いつのにか盆を拭いてしまって、菓子台の向側に立っている。自分は不意と眼を上げて神さんを見た。すると神さんは何と思ったか、いきなり、節太の手を皿の上にして
坑夫 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
宗近君は節太の手を胸から抜いて、の頭の天辺をとんと敲いた。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)