“算当”の読み方と例文
読み方割合
さんとう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
俸給はう規則正しく上らない。凡人は算当を誤った。割の好い転任を数回やったが、子供に追いつく俸給なしという真理を発見するばかりだった。
凡人伝 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
算当が細かいというのは、本願寺はある折、疑獄事件があって、光瑞法主はそのために、をひいて隠退され、武子さんは、婦人会の存続について大変心配された。
九条武子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
出がけに算当を組んで笑いながら切火をきってくれたもんです。
大菩薩峠:20 禹門三級の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)