“筥崎丸”の読み方と例文
読み方割合
はこざきまる100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
昭和二年十月、プラーグにける地震學科國際會議出席した大活動せるヴエスヴイオをひナポリから郵船筥崎丸便乘し、十三日アデン通過する本稿
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
五月八日 午前十時、馬耳塞著。郵船会社に立寄り箱根丸乗船。山下馬耳塞領事来船。四時出帆。友次郎は山下領事等と共に波止場に立ち長く見送る。港内にて清三郎乗船の筥崎丸と行違ふ。
五百五十句 (新字旧仮名) / 高浜虚子(著)
三十一日、次男池内友次郎、横浜出帆の筥崎丸にて仏蘭西遊学の途に就く。
五百句 (新字旧仮名) / 高浜虚子(著)