“神下”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かみおろ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“神下”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 地理・地誌・紀行 > アジア50.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そのうちのよいのを二つ取って、例の神下かみおろしに尋ねてどっちがいいかということを聞いて、その一つを取るんです。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
それからチベットでは病気になると妙な風習があってまずお医者さんを頼みに行かんで、始めに神下かみおろしに頼む。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)