“直打”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ねうち75.0%
ねう25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
貨幣の直打の変わったことを考えに入れなければならないが、しかし子供の時に考えた百円は、今日の壱万円よりも拾万円よりも百万円よりも莫大なものであった。
大人の眼と子供の眼 (新字新仮名) / 水上滝太郎(著)
昔から今までどれほど多くの人が、この頂きのために何の直打もない苦しみを受けつつあったか?
頭髪の故事 (新字新仮名) / 魯迅(著)
ぎ出すに用ゐたりと見ゆる土噐唇にれたりと見ゆる土噐の容量比較的に小なるは中に盛りたる飮料直打ち湯水よりはきに由りしならん。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)