“瓦甍”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぐわばう66.7%
がばう33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
北方(西岸)から突き出てゐる所に人家が群つてゐて、空氣の澄明な日などには瓦甍粉壁が夕陽を浴びて白く反射してゐる。
湖光島影:琵琶湖めぐり (旧字旧仮名) / 近松秋江(著)
これより山かに水びて、福島町に至る間、また一ところの激湍をも見ず。路も次第にり下りて、そのまる處、遂に數百の瓦甍を認む。
秋の岐蘇路 (旧字旧仮名) / 田山花袋(著)
私はそこから茅茨瓦甍と相連つた町を通抜けて、松並木の凉しい影を成してゐるところから、次第にさびしい、水車などのつてゐる、処々に草深い水の咽んで流れてゐる
伊良湖岬 (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)