“爪筥”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
つめばこ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“爪筥”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
武丸は懐中から手紙を取り出して手筥に入れようとすると、中から琴の爪筥つめばこと「青眼鏡の賊」の記事を載せた新聞の切れはしが出て来た。
黒白ストーリー (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)
と、咲耶子さくやこは、ねじとられた手をしずかにもぎはなした。そしてゆびの先の琴爪ことづめいて、高蒔絵たかまきえのしてある爪筥つめばこのなかへ、一つひとつていねいに入れた。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)