“無念無想”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
むねんむそう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
やみを彩る数条の雨線だけで、泰軒先生最初にぶんどった土生仙之助の大業物わざものを車返しに、意表にでて後ろの源十郎へ一なぎくれたかと思うと、このときはもう慕いよる半月形の散刀に対して、無念無想むねんむそう
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)