“源護”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
みなもとのまもる100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“源護”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.4%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
野霜の具足師の家へ来て、それを将門の行為ときめ、人非人だと罵ったのは、源護みなもとのまもるの嫡子のたすくであることも、梨丸は聞いていた。その通りを、将門に告げた後、梨丸は、なおいった。
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
将門の事とはおのづから別途に属するので、将門の方は私闘——即ち常陸大掾ひたちだいじよう国香やさきの常陸大掾源護みなもとのまもる一族と闘つたことから引つゞいて、つひに天慶二年に至つて始めて私闘から乱賊に変じたのである。
平将門 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)