“深院”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しんいん50.0%
しんゐん50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
深院後閣哀禽が昼をひとしおとしていた。
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
斯くはひてふりわけ髪の世も知らず古りしうつ深院のひと
恋衣 (新字旧仮名) / 山川登美子増田雅子与謝野晶子(著)