“殉職”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
じゅんしょく100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“殉職”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
殉職じゅんしょくという名目は成り立たず、会社からはわずかな見舞金しか貰えなかった。
夕張の宿 (新字新仮名) / 小山清(著)
そして大爆発がおこると、そのままテレボックスは、殉職じゅんしょくをしてしまうわけだが、こんな危険な役目をひきうけ、しかも人間わざでは到底とうてい出来ない正確さで、報告をするところなどは、人造人間でなければ、どうしたってできる真似ではない。
人造物語 (新字新仮名) / 海野十三(著)