“権田原”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ごんだわら100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“権田原”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
鉄雲は、びッこであった。その不自由な足をひきずりひきずり、権田原ごんだわらを抜けて、四谷のあかりの方へ歩いた。
大岡越前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
長井の赤土山について安珍坂あんちんざかをおりたとすると、青山一丁目権田原ごんだわらの木戸。