“村娘”の読み方と例文
読み方割合
そんじょう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
村々の道ばた、野や田のほとりにも、彼らは土に坐って、孔明の四輪車へ拝をなした。村娘そんじょうは兵のためにきびの甘水を汲み、おうなよもぎの餅を作って将に献じた。
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
はや何となく、部落も郊外のさまを思わせ、道に見る村娘そんじょうの姿やらわらべの群れも、人里くさい賑わいが濃くなっていたが、やがて、村の用水川らしい石橋の附近まで来ると
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
接待は土地の壮者わかもの村娘そんじょうたちである。史進は、上座に三名をすえて
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)