“木草”の読み方と例文
読み方割合
きぐさ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
北南あけはなたれしわが離室はなれにひとり籠れば木草きぐさ見ゆなり
さまざまなる木草きぐさの花は咲きつがむ ああ その
詩集夏花 (新字旧仮名) / 伊東静雄(著)
きばみゆく木草きぐさの薫り淡々あはあは
有明集 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)