“曲損”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
まがりそこ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“曲損”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
こみちが恰ど蜘蛛くもの巣のやうになツてゐて、橋がむやみとある土地だから、何んでも橋も渡り違へたのか、こみち曲損まがりそこねたか、此の二つにちがひなかツたのだが、其の時はうは思はず、あたまから狐にばかされたと思込むで了ツて、自分は氣をたしかに持ツた積で、ただ無茶苦茶にあるいた。
水郷 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)