“日魯”の読み方と例文
読み方割合
にちろ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
南岳くして耳せり。人と語るに音吐鐘の如し。平生奇行に富む。明治卅八年秋八月日魯両国講和条約の結ばれし時、在野の政客暴民を皷煽し電車を焼き官庁を破壊す。
礫川徜徉記 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)