“摺山葵”の読み方と例文
読み方割合
すりわさび100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
の甘酢、この酢の加減伝授なりと。余は皆喰ひて摺山葵ばかり残し置きしが茶の料理は喰ひ尽して一物を余さぬものとのに心づきてに当惑し山葵を味噌汁の中にかきまぜて飲む。
墨汁一滴 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)