“摩西”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
もうぜ25.0%
モセス25.0%
モーゼ25.0%
モーゼス25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
海原をつくり、焔の山をつくり、摩西をつくり、鯨の背骨をつくつた大自然の手は、ここに又春日の森を造つてゐる。杉は暁方の心あがりに、天にも伸びよと、丈高く作つたものらしい。
森の声 (新字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
此數多き預言者は、一つとして同じ人の石もて刻める摩西に劣ることなし。何等の魁偉なる人物ぞ。堂に入るものゝ心目は先づこれがために奪はるゝなり。
其身其心に随うて彼山を越ゆることが出来るや否や、疑問である。或は翁は摩西の如く、迦南を望むことを許されて、入ることを許されずに終るかも知れぬ。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
陸上では舊約全書にある出埃及記に見ゆるやうな摩西の樣な人物でなくてはならず、普通世に流布するモハメツトの傳記に於て見るやうな、モハメツトのやうな人物でなくてはなりません。
金剛智三蔵と将軍米准那 (旧字旧仮名) / 榊亮三郎(著)