“摩戞”の読み方と例文
読み方割合
まかつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
時に九月天高く露清く、山しく、月かに、仰いで星斗れば光大、たまたま人の上にあるがごとし、窓間数十竿、相摩戞して声切々やまず。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)