“推競”の読み方と例文
読み方割合
おしくら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
四辺に似ない大構えの空屋に、——二間ばかりの船板塀が水のぬるんだに見えて、その前に、お玉杓子推競で群るに、大勢小児っていた。
陽炎座 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)