“推据”の読み方と例文
読み方割合
おしす100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
走り行きたる三人の軍夫は、二人左右より両手を取り、一人よりして、端麗多く世に類なき一個清国の婦人の年少なるを、荒けなく引立て来りて、海野の推据へたる
海城発電 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)