“推慮”の読み方と例文
読み方割合
おしはかり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
人の生まるる始めのこと、死にてのちの理などを推慮にいうは、なきなれば、ただに古伝説を守りて、人の生まるることは、天津神なる産霊御霊によりて
通俗講義 霊魂不滅論 (新字新仮名) / 井上円了(著)